--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-08-01

mac壊れたよメモ

壊れました

大学入学時に買ってもらったMacBook Proが死亡しました。
late2011という、グラフィック周りに初期不良を抱えて二回入院して頑張っていたんですが今度はメモリ周りが壊れた様子。
ビープ三回で起動しないアレ。

メモリを取り出してmemtestにかけても両方パスするので、多分ロジックボードがイカれたんでしょう。
アップルケアはとっくに切れているのでお金がかかる…。
こんど壊れたら次は買い替えと思っていたので今回は修理を諦めます。

で、代替機を買うにも今お金ないし、いまのラインナップ微妙で買う気が起きない。
ではどうするか

自作したサブ機もあるので来年までMacはお預けということにしました。
なのでそれまでの環境構築と、Macからのデータ救出がひつようになります。

これはそのメモ書きだとおもってくだち。
同じような状況にいる人も、参考にしていただけたらと。


・Mac周り
あれれ?なんか挙動がおかしいぞ?って思ったらすぐバックアップを取りましょう。
とりそこねるとモデルによってはどうしようもなくなります。ストレージが取り外せないモデルとか。
幸い僕のは底面を外せばHDDにアクセスできるので引っこ抜いて変換して、家族共用のMacでバックアップ。
やったことといえばそのくらいか…

・Winまわり

お絵かき環境は、クリップスタジオ、アルパカ。両対応なので特に問題なく。
クリップスタジオの素材データバックアップについては自分で調べて?
ただクリップスタジオはへんに作業データバックアップしてるらしく場合によってはバックアップが激重とかある。

ペンタブはドライバーは入っていたので、キーの割り当てを記憶を頼りにもどしもどし。
そういえばペンタブのペンもチャタリング気味だしスイッチ壊れてるのでそろそろ買い換えないと。

iTunes
公式参照
認証周りが限界に達していた(Macで三台分消費してたのはかんべんして欲しい感じだったが。)ので全解除からの再認証。

DTM環境
こればかりはどうしようもない。なにせMacを使う理由がlogicがあるからっていうのがひとつあるくらいなのでどうしようもない。
あと、うちにあるオーディオインターフェイスがFWのしかない。
DTMは諦めるしか…諦めたくない?そう…



(いか追記チュ)

スポンサーサイト
Copyright (C) 探知不能2ndα. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。