--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-07-06

Raspberry PiでNAS的な何かを作る3.5 -再セットアップ編-

…というわけで仕切り直しです

今回はめんどくさいのでCUIを生かしていきます(特にネットワーク周り)

Settings→Network Connectionsで…まあ見ればわかるね?
設定したら一回再起動。
再起動しないとwlan0なんか無えよってCUIに言われるし、GUIでも認識していない。
再起動すると何故かWPAのパスワードを要求されて、入力すると無事接続された。

そんでもってそんでもって

設定できたらGUIは無用なわけで。
起動時にCUIから起動するようにします。しました。[1]
rebootするとCUIで無事起動。

あとついでに。
入れ替える前にGUIが起動しないのなんのって言ってたのは、Pidora(Fedora)は
startx
ではなく
systemctl isolate graphical.target 
だそうです。
そりゃー起動しないわ。[2]

ついでなのでssh接続時に鍵で接続できるように。

の前に、再インストールしたせいでいろいろ変わってるわけです。
このままsshしようとすると、「同じIPなのに指紋違うから偽装か盗聴の可能性があるぞ!」
って接続させてくれない。
ので、~/.ssh/の中にあるknowsなんちゃらってファイルから該当する指紋を削除する。
そうすると接続できるようになる(接続時に指紋を記録するか聞かれるのでyesと答える。)
[3]

Mac側のターミナルで鍵を生成してscpで転送。[1]
そういえば、やっぱりscpでググると、SFホラー系のコンテンツがヒット(というかこれしか出てこない)
まあ、linuxよりSFホラーの方が人気あるから多少はね?

そんなんでsshするとまあつなげるわけで…。
鍵で接続できるならパスワード認証はいらない。セキュリティことを考えると切っておいたほうがいいわけで。
切った。

さて、ここまで二時間。
…前のブログを投稿するまでの時間は何だったのか。
というか大切な日曜日をまるまるコレで潰して…

どんどんやる気がなくなっていく
くじけぬこころとはいったいなんだったのか…

続く?

参考サイト
[1] http://n.blueblack.net/articles/2014-01-02_02_pidora_setup/
[2] http://hikone.info/blog/?p=242
[3] http://futuremix.org/2007/08/openssh-warning

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sasizirura.blog6.fc2.com/tb.php/89-78c097b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 探知不能2ndα. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。