--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-11-27

レンズを買ってきたので手持ちのレンズ紹介

どうも、れいめんです
今日は、レンズ紹介をしたいと思います

って、カメラ記事ははじめてだわ
今日某マップカメラでSONYのSAL30M28を中古でご購入しました
ホントはSAL35F18を買うつもりだったんだけど店頭で比較してフィーリングでこっちに。

こっちのほうが2kやすかったのは副次的効果だったよホントダヨ

これで僕のレンズは5本になりました
それがこちら
DSC00724 (800x532)
右から今日買った30マクロ、ジャンクで買ったミノルタ35-70/F4、中古で買ったシグマ28-80/F3.5-5.6、親父から勝手に奪ったミノルタ高倍率75-300/F4.5-5.6。
撮影に使ったのは親父から勝手に奪ったシグマの28-105/F4-5.6
このうち28-105はレンズが曇りまくってるのでこういう時しか使いません。
今日買ったの以外全部フィルム世代なので、初デジタル向けレンズとなります。

あと本体はα55です。これも中古(激安)

さてさて
写ってる四本はすべてマクロ機能付きなんですよ(右のもMACROって書いてある)
じゃあ比較してみようと…いうことで…
手前のぽもぽもに被写体になってもらいます

今日買った30ミリ
DSC00718 (532x800)

ミノルタ35-70
DSC00720 (532x800)

シグマ28-80
DSC00721 (532x800)

ミノルタ70-300
DSC00722 (532x800)
縮小画像だとわからないね。なんで縮小したの?JUNKwikiの方に高解像度あげとくのでそっち見て比較してね

30はくっきり写ってます
そしてがっつり後ろがボケます。
ちゃんとしたマクロなのでがっつりよれます。ぽもの吐息がかかるくらいに。

35-70もなんだかんだでよく写ってるなあこれ
30と変わらないくらいボケてる。ほんとにジャンクかこれ?ジャンクだけど。
問題はマクロ撮影するためにはロック解除してマクロ領域までズームしてあとはマニュアルフォーカスなんだよなあ
色味が違うのはフィルターがスカイライトだから。

28-80は…
うーん…ボケ
スイッチ切り替えればAFでマクロできるのはいいけど…マクロ向きじゃないね
35-70と同じくらい寄れる

70-105
だ め で す
めちゃくちゃ離れないとピント合わないし壁ギリギリまで寄ったから変な姿勢でぶれひどいし

というわけでした
以下30で撮った物
DSC00708 (532x800)
DSC00706 (532x800)
DSC00710 (800x532)
DSC00712 (800x532)

おまけ
DSC00729 (532x800)
絞り開放だとこんなふうに周りが暗くなる
神曰く「大口径レンズではよくあること」だそう
絞って使う分には問題ないし、別に風景撮るレンズじゃないし。

…さて、明日はアマゾンしたC-PLが届くんだよな。


終わり

2015-11-21

なんか

心が痛い

・研究に使う道具を買ってもらえるときは新しいモデルをねだろう
 いざ新しい技術で課題解決できると気づいても対応してなくて動かないとかそういうことがある。
特にAndroid端末な

・技術屋のブログは必読
 実装してみたとかいろいろ工夫してなんかしようとしてるブログはたくさんヒントが載ってるので読むべし

・メリハリ
 頭を休めないと良い研究はできないぞ!

・早め早めに動く 
 これは当然といえば当然

・メモをとる
 これな




2015-11-16

卒業研究メモ

研究飽きたので研究過程で思ったこととか技術的に記録したいものを書き出してみようと思った
もちろん自分が思ったこと考えたことか、汎用的な知識なので研究内容には突っ込まない…はず

○プログラムの心得のこと
・ゆっくり読めばはじめての言語でも動作を追っていくことはできる
 わかんなかったら調べつつ読む。そうすればなんとかなる。
前提条件として何らかの言語をしっかりやったことがあるとする。
ついでをいうとこのときは入門書とか役に立たない。逆引き辞典があると便利かもしれないがググッた方が早い。

・案ずるより組むが易し
 プログラムの勉強してから組むより組みながら勉強したほうが早い。
これも前提条件として何らかの言語をやったことがある場合。
まったくの初心者さんは「1○歳から始める~ゲームプログラミング」系の本を買ってきてとりあえず最後まで終わらせてみよう。

・コメントアウトしよう
//これな
そこでどんな動作してるか、この変数は何か、ここはどういう改善点があるか…等
toDOまで書くと次見た時なにするかわかる
但し、日本語(ちゃんと他人に伝わる日本語という意味)で書くこと。今わかっても後で見た時わからない
ただし、宗教上の理由でコメントアウトを良しとしない人たちもいることを理解しよう

・変数にわかりやすい名前つけよう
変数に文字数制限はないのだから…

・break
例えば文字列が配列の中にああるか確認するときにforで総当りで確認していくことがあると思う。
そういう時、必要がなくなったらbreakでさっさと抜けたほうがいい。
なにがあるかわからん


とりあえず今日思いついたのはこれだけ。

2015-08-01

mac壊れたよメモ

壊れました

大学入学時に買ってもらったMacBook Proが死亡しました。
late2011という、グラフィック周りに初期不良を抱えて二回入院して頑張っていたんですが今度はメモリ周りが壊れた様子。
ビープ三回で起動しないアレ。

メモリを取り出してmemtestにかけても両方パスするので、多分ロジックボードがイカれたんでしょう。
アップルケアはとっくに切れているのでお金がかかる…。
こんど壊れたら次は買い替えと思っていたので今回は修理を諦めます。

で、代替機を買うにも今お金ないし、いまのラインナップ微妙で買う気が起きない。
ではどうするか

自作したサブ機もあるので来年までMacはお預けということにしました。
なのでそれまでの環境構築と、Macからのデータ救出がひつようになります。

これはそのメモ書きだとおもってくだち。
同じような状況にいる人も、参考にしていただけたらと。


・Mac周り
あれれ?なんか挙動がおかしいぞ?って思ったらすぐバックアップを取りましょう。
とりそこねるとモデルによってはどうしようもなくなります。ストレージが取り外せないモデルとか。
幸い僕のは底面を外せばHDDにアクセスできるので引っこ抜いて変換して、家族共用のMacでバックアップ。
やったことといえばそのくらいか…

・Winまわり

お絵かき環境は、クリップスタジオ、アルパカ。両対応なので特に問題なく。
クリップスタジオの素材データバックアップについては自分で調べて?
ただクリップスタジオはへんに作業データバックアップしてるらしく場合によってはバックアップが激重とかある。

ペンタブはドライバーは入っていたので、キーの割り当てを記憶を頼りにもどしもどし。
そういえばペンタブのペンもチャタリング気味だしスイッチ壊れてるのでそろそろ買い換えないと。

iTunes
公式参照
認証周りが限界に達していた(Macで三台分消費してたのはかんべんして欲しい感じだったが。)ので全解除からの再認証。

DTM環境
こればかりはどうしようもない。なにせMacを使う理由がlogicがあるからっていうのがひとつあるくらいなのでどうしようもない。
あと、うちにあるオーディオインターフェイスがFWのしかない。
DTMは諦めるしか…諦めたくない?そう…



(いか追記チュ)

2015-07-06

Raspberry PiでNAS的な何かを作る3.5 -再セットアップ編-

…というわけで仕切り直しです

今回はめんどくさいのでCUIを生かしていきます(特にネットワーク周り)

Settings→Network Connectionsで…まあ見ればわかるね?
設定したら一回再起動。
再起動しないとwlan0なんか無えよってCUIに言われるし、GUIでも認識していない。
再起動すると何故かWPAのパスワードを要求されて、入力すると無事接続された。

そんでもってそんでもって

設定できたらGUIは無用なわけで。
起動時にCUIから起動するようにします。しました。[1]
rebootするとCUIで無事起動。

あとついでに。
入れ替える前にGUIが起動しないのなんのって言ってたのは、Pidora(Fedora)は
startx
ではなく
systemctl isolate graphical.target 
だそうです。
そりゃー起動しないわ。[2]

ついでなのでssh接続時に鍵で接続できるように。

の前に、再インストールしたせいでいろいろ変わってるわけです。
このままsshしようとすると、「同じIPなのに指紋違うから偽装か盗聴の可能性があるぞ!」
って接続させてくれない。
ので、~/.ssh/の中にあるknowsなんちゃらってファイルから該当する指紋を削除する。
そうすると接続できるようになる(接続時に指紋を記録するか聞かれるのでyesと答える。)
[3]

Mac側のターミナルで鍵を生成してscpで転送。[1]
そういえば、やっぱりscpでググると、SFホラー系のコンテンツがヒット(というかこれしか出てこない)
まあ、linuxよりSFホラーの方が人気あるから多少はね?

そんなんでsshするとまあつなげるわけで…。
鍵で接続できるならパスワード認証はいらない。セキュリティことを考えると切っておいたほうがいいわけで。
切った。

さて、ここまで二時間。
…前のブログを投稿するまでの時間は何だったのか。
というか大切な日曜日をまるまるコレで潰して…

どんどんやる気がなくなっていく
くじけぬこころとはいったいなんだったのか…

続く?

参考サイト
[1] http://n.blueblack.net/articles/2014-01-02_02_pidora_setup/
[2] http://hikone.info/blog/?p=242
[3] http://futuremix.org/2007/08/openssh-warning

Copyright (C) 探知不能2ndα. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。